非常勤医師としての働き方や求人の探し方について

非常勤としての働き方ってどんな感じ?

常勤医師の働き方と非常勤医師の働き方の違いというのは、出勤日数から違ってきます。常勤医師の場合は大抵が週5日などで働く事が多く、外来を始めとして様々な仕事を任されがちですが、非常勤医師の場合は週1日から契約という事もあり、非常勤医師での求人で多いのは主に外来となっています。また常勤医師の場合は常に病院にいるといった感じになりますので何かと人間関係が深まりますが、非常勤医師の場合は短い日数で働くという事もあり、多いのはビジネスライク的な関係です。もちろんこれらは人によって向き不向きがありますが、仕事は仕事と割り切りたい人にとっては常勤医師よりも非常勤医師の方が向いているかもしれません。

非常勤医師はどうやって求人を探せばよいのか

医師の場合紹介で病院に入るという事もあるかもしれませんが、基本的に非常勤医師でも通常のアルバイトなどと同じように人材紹介サービスを利用して求人を探す事になります。ただ医師の場合、医師専門の人材求人サービスで探すというのが基本になり、当然ながら通常の求人サイトにはあまり医師の求人情報というものは掲載されていないので注意してください。

非常勤医師の場合は家庭と両立できる

特に子供が小さい時は家庭の事でも何かと忙しいものなので、そういった場合には一時的に非常勤医師として働く方法もあります。非常勤医師の場合、時給が高いので週に入れる日にちが少なくてもある程度のお金になりますし、時間があいた時に育児に参加する事が出来ますので、家庭と両立させたい場合には、非常勤医師という選択を考えてみましょう。

医師を非常勤で募集している職場には、病院、検診センター、献血センターなどがあります。また、勤務日数や時間帯も週に1日や夜勤専門など様々な形があり、自身のライフスタイルに合わせて選べます。