キーポイントは明確な主張(貢献できること、強み)です

日本の履歴書と英語の履歴書の差異を知ろう

英語の履歴書と日本の履歴書の大きな差は二つあります。第1は英語の履歴書では、「何ができるか(貢献内容)」「強みは何か」が最重点項目となります。第2は、年齢、性別、国籍など一身専属的な項目への採用側の見方が緩やかで自由度が高いことです。従って、英語の履歴書では第1ページに特長があり、募集技能・技術に対する「自分ができる貢献内容」「強みとなる事項」を上手く紹介することが求められます。日本の履歴書では第1ページに一身専属的項目が記載されるのが一般的ですが、こうした項目は最後の部分で紹介するのが普通です。次に履歴書に関する共通点ですが、面接に関わる点です。面接の重要項目は、履歴書の内容確認で有り、応募者を全体的に理解することです。従って、応募者は自分の貢献できる内容、強み、これまでのキャリアをしっかり理解しておくこと、履歴書の記載内容と合致した質疑応答ができる準備が英語の面接でも、日本語の面接でもキーポイントになることの理解が重要です。

英文レジメの作成の留意点

前述したように募集技能・技術に対する「自分ができる貢献内容」「強みとなる事項」が重要視されるために、上手く紹介することです。これは、第1ページにまとめて強調することが有力な手段となります。第1ページの最初に「STRENGTH」の見出しをつけて、自分の能力・意思を紹介して好評を博した例は珍しくありません。この欄に自分の「やいりたい強い意志」を記述することは、印象を強めることになります。これまでのキャリアの紹介は不可欠ですが、自己主張の後に記述すれば十分です。読みやすい履歴書は「強調点が明確である」ことを留意ください。

外資系企業や海外の方を多く雇用している企業では、採用担当者が英語を母国語としている可能性があります。転職を希望する際は英語力があることをアピールするためにも、職務経歴書を英語で用意しましょう。